株式会社和田トップページ 会社案内 個人情報保護 サイトマップ
ディアスキンの特徴
鹿革の特徴
鹿革素材紹介
品質へのこだわり
納品までの流れ
鹿革に関する質問と答え
牛革紹介
鹿革に関するお問い合せ
電話番号
日本最初の革、鹿革
現在は、牛革に比べてあまりなじみはありませんが、最も古くから親しまれてきた鹿革。
奈良時代の刀剣の鞘や日本最古の足袋などに多数の鹿革製品を見ることができます。
また、飛鳥時代から江戸時代にいたるまで、武具にしばしば鹿革を使った部品が発見されています。
日本において牛革を使うようになるのは比較的後のことで、
日本では「革」といえば鹿革という時代の方が長かったと思われます。

人工素材では全く及びもつかない丁極細素材
鹿は他の動物に比べ皮の繊維が非常に細く、直径15mmの管に1千万本も入る細さ。
こんな超極細繊維がより集まって1本の繊維束となり、その繊維束が密に織り重なった構造です。
この特性的な構造が、鹿革の数々の優れた特性を生んでいます。

千年以上もしなやかさを失わない驚異のスーパーレザー
他の革と較べ柔軟性を長期間キープすることができる鹿革。
たとえば牛革なら適切な手入れをしないと数年から十年ほどで固くなってしまうところを、
鹿革は長期間に渡ってしなやかさを保ちつづけ、色褪せもあまりしません。
その証拠が東大寺正倉院の鹿革製の品。これらの中には千年以上の時を経てなお柔軟性を失わず、
新鮮な色彩を保つものがみられるそうです。
鹿革イメージ
Copyright 2013 ディアスキン(鹿革)の株式会社和田. All Rights Reserved.